首 イボ 取り方

首イボや首周りのシワは要注意です^^;

首イボ 改善

首周りのイボについて

こんにちわ、ミチコです^^。

 

 

クビの周りの出来物。これは女性にとってはかなりのダメージです。スゴく汚く見えて、また、人から観たら『汚らしい』『不潔』『老けて見える』というイメージを与えると思います^^;

 

艶つや習慣 URL3


>>【初回半額、Web限定商品】首イボ|病院に行く前に、まずはお試しください。

 

特に女性としてはデコルテ部分にデキるということ、また、首イボは『老けてから出来るモノ』という風に先入観とともに認識している為、見た目自体、自分自身でも嫌気が指す様なデキモノとなります^^;

 

 

体質でイキナリ出来るモノですので、今までなかった人が徐々に増えるためかなりインパクトがあり、自分が思っている以上に気になるものです。私も、子供のママ友のお母さんのイボが出ているのを見て『なんか汚いな、、』って思っていたのですが、まさか自分が出来るなんて、、という感じでしたので。。

 

 

つまり、自分のイボもそうやって思われている可能性があるという事になりますよね^^;

 

 

色々と調べてみると、結構多くの女性が同様の悩みで、しかも40歳を過ぎた頃から急激に肌に以上が出てきたというような報告をしている人がいるんですね。私だけかと思っていたのですが、実は首イボに特化したクリームも販売されていたし、結構加齢になるとデキるデキモノという事を知りちょっと安心はしました^^。

 

 

加齢から来る皮膚の老化が主な原因ですので、どうしても年を取るとこういった肌のデキモノはデキるのかもしれませんね。殆どの人(男性、女性限らずに)が共通してできるのがこのイボで、加齢と共に増加してしまうポツポツの角質層です。

 

 

老人性のイボという風に呼ばれているものですので、放置していても大丈夫ですが見た目が悪いので放っておくという選択肢自体がありません^^;

 

イボの種類『アクロコルドン』について

 

 

アクロコルドンというのは、首イボの呼び方ですが、『良性の腫瘍』の事を言います。老人性イボとも呼ばれるのですが、加齢と共に『クビ周り、脇の下、胸元、耳の下』などに出来ます。

 

 

やわらかい場所や部位に発生しやすいイボですので、二の腕などにも出来る人もいます。

 

 

大体の概念として、『肌色、茶褐色で3ミリ以下の小さいイボ』という感じです。これ以上になると別の呼び方になるので、多数発生する突起物、イボの様なモノという解釈でいいと思います。ほぼ出っ張りも無いイボです。

 

 

イボの中では最も小さいイボですが、取るとなると簡単に取れません^^;痛みがあります。つまんで取れる様な大きさなのですが爪切りで切ろうと思ったら激痛でした(笑)手で取れないので厄介ですよね。

 

 

マブタの下などにもできる人も言えば、加齢になっても全く出来ない人もいます。体質や日常生活、生活習慣などに大きく依存しているとも言われています。太っている女性、肥満体質の女性に出来やすいとも言われています。

 

 

男性でもかなりの高齢50代以上とかで出来る人もいますし、40代の男性にも出来ている人もいます。いずれも体質とか普段の生活に依存している可能性が高いんですね。

 

 

また、皮膚の摩擦、紫外線を浴びる事で出来るという場合もあり、どういった場合に出来るのかというのはわかりづらいかもしれません。

 

 

また、アクロコルドンというイボはドンドン増殖するというのもイヤな特徴の1つです。見た目的にもかなり気になってくるし、ネックレスなどに引っかかる事もある為、普段の生活にもストレスが出てくるのも特徴です。

 

 

しかし、アクロコルドン自体加齢が主な原因とされていますので、年を取るに連れて

 

  • 紫外線の当たる部位はこまめにUVケアをする事
  • アクセサリーなどの摩擦も出来るだけ抑える
  • 皮膚の代謝を良くして老廃物を溜め込まない

 

という風に対策をする事も大事です。

 

 

また、私はコレよりも大きなイボでしたが、自宅で首イボを取る事が出来ました。身体の新陳代謝を上げる、角質を専門のクリームで取るという方法自体もありますので、色々と予防、対策も出来る時代になってきています^^

 

艶つや習慣 URL3


>>【初回半額、Web限定商品】首イボ|病院に行く前に、まずはお試しください。

 

イボの種類、スキンタッグについて

 

 

スキンタッグも基本的な概念としてはアクロコルドンと同様で、大きさとしては1~3ミリ程度、そして茶褐色や肌色でイボとしてはかなり見えにくいものです。

 

 

とは言え、『柔らかい皮膚の所にできやすく、ネックレス等も引っかかりやすい』という部分で、女性にとってはかなり気になるイボなのはアクロコルドンと同様変わりません。

 

 

そして、小さいからといって、アクロコルドン同様、スキンタッグ自体も爪切り等で取ることも出来ませんので、専用のイボ除去クリームや手術などでの除去になります。

 

 

また、スキンタッグも同様に『柔らかい部位に出来、一度でき始めると増殖する』という特徴を持っています。こういった部分がかなり面倒であり、気になる部分です。

 

 

ネックレスに引っかかる、また、デコルテに汚いイボやブツブツが増殖する。これだけでもかなり服を選びますし、男性に見られるのがスゴく恥ずかしいです。

 

 

スキンタッグ、アクロコルドン共に自宅で取ることが出来ます。良性ですので放置でも問題がなく、別にスキンタッグでもアクロコルドンでも大した違いはなさそうですが、手術の前に自宅でクリーム治療が出来るのであれば、それはかなりコスパの面、精神的な面でも助かるはずです。

 

艶つや習慣 URL3


>>【初回半額、Web限定商品】首イボ|病院に行く前に、まずはお試しください。

 

除去の方法は手術?

 

一般的な老人性イボの除去方法ですが、皮膚科、美容皮膚科になるのですが、この皮膚科、美容皮膚科の違いですが、

 

  • キレイに取れるかどうか?
  • 保険が効くかどうか?
  • 痛くないかどうか?

 

というチガイで選ぶ様になると思います。美容皮膚科というのは『保険が効かないが、見た目重視』であり、普通の皮膚科は『見た目よりもイボという観点から除去するという目的』です。

 

 

ですので、私たちの場合、美容という観点から言えばやはり『保険が効かないが見た目を重視する』という様な選択になりますよね^^;

 

小型のイボの除去について

 

小型の小さい老人性イボの場合、『アクロコルドンとスキンタッグ』と呼ばれるイボですが、一般的なやり方としては3種類の方法があります。

 

凝結療法

 

 

液体窒素を使って、イボを凝結させます。爪切りで切ったことがある方であれば、あんなに小さなイボでも激痛で切ることが出来ないと分かると思いますが、物凄く神経が通っているんですね。

 

 

ですので、凝結させて-200度位にします。

 

 

その状態からイボの集合体を取っていきます。1~2週間でイボ自体は取れるのですが、芯がある場合、今見えてないだけでまた増殖する可能性もあります。

 

手術でイボを取る

 

 

アクロコルドン、スキンタッグ共にある程度大きい物であれば、局部麻酔を打ち、ハサミや高周波メスでイボを摘んで切っていきます。

 

 

ある程度大きいと言っても、アクロコルドンやスキンタッグの概念は『1~3ミリの大きさのイボ』ですので、その程度の大きさでピンセットで摘める大きさという意味です。ベタッとなっているアクロコルドンやスキンタッグもあるので、手術方法も変わってきます。

 

 

イボの種類、イボの多さによっても値段等変わってきます。

 

レーザー手術でイボを取る

 

 

レーザー手術は主に皮膚美容科でつかわれるのですが、炭酸ガスを使って切り取っていきます。アクロコルドン、スキンタッグ共に多数増殖するのが特徴ですので、数日かかる場合もあります。

 

イボの手術のデメリット

 

イボですが、保険が適用するかどうか、部位や場所、あるいは専門医の主観が入る為、金額が高くなるというのがデメリットがあります。

 

 

また、なぜイボが発生するのかというメカニズム自体がわかっていない状態ですので、生活習慣が変わっていないという様な場合手術をしても再度出てくる可能性もあります。

 

 

更にイボの芯が表に出ていない場合、手術後に発生するという事例も当然ですがあります。この様にイボの種類によっては面倒な事になる場合も多いです。私自身も手術というのは気が重く選択肢としてありませんでした。

 

イボの除去は自宅で出来る

 

そういった感じで、色々と首周りのイボについて勉強していた時に自宅でも治すことが出来るイボ専用のクリームを見つけました。私自身、イボで悩んでいたので嬉しかったです。

 

 

webでかなりの人気がある様です。

 

 

年を取ってイボで悩んでいる方は結構いるようですので、もしイボで悩んでいる方がいれば試して見ることをお勧めします。

 

 

手術する事を考えた場合、コスパなど全ての面においても優れている為、ぜひともお勧めしたい方法です。首イボは女性にとっては気になるものです。ぜひともクリームをお試し下さい。

 

艶つや習慣 URL3


>>【初回半額、Web限定商品】首イボ|病院に行く前に、まずはお試しください。

 

自宅で改善!当サイトお勧め『首イボ改善クリーム』


艶つや習慣 レビュー
1箱120gの大容量で 通常価格4104円(送料630円)ですが、毎月お届けの定期便コースで初回半額 2052円(送料無料)になり、2回目以降も3283円(20%OFF)で効き目を実感出来ます。また、都合に合わせて、いつでもお休み・解約が可能です。

艶つや習慣は局所的に使用する薬とは異なり、「肌のターンオーバーのサイクルを改善することで、イボがなくなる」商品なので、イボができている箇所に塗るだけではなく、全身に広く塗っていく事が効果的です。

汚い首イボ、顔イボで悩んでいる方はまず試して欲しいと思います。

>>詳しいレビューはコチラです


>>公式サイトはコチラ



シルキースワン レビュー
首、顔、デコルテなどにできるイボやポツポツ対策用の美容ジェルクリームです。ハトムギ種子エキスとヨクイニンエキスのダブルヨクイニンパワーでお悩みを改善。

注目の成分オオバクエキス、チャカテキン、ビタミンC誘導体なども贅沢配合していて、もちろん顔や首以外にも使用するこができます。

>>詳しいレビューはコチラです


>>公式サイトはコチラです



杏ジェル レビュー
年齢を重ねるにつれて出てくる、目元・口元・首まわりのポツポツ、古い角質による、くすみやザラザラ肌。小鼻の黒い毛穴汚れ。不摂生を続けたときに出る肌トラブルや、かかとのガサガサ。

『ぽろぽろとれる杏ジェル』は、そんなお悩みにリーチする、97.7%自然原料を使用した
やさしいジェルです。


使い方はカンタン。気になる部分にジェルをつけ、やさしくなでていると、汚れや古い角質を巻き込んでカスがぽろぽろ出てきます。

30秒ほどぽろぽろしたら、あとは洗い流すだけ。跡を残すことなく、「ポツポツがポロッ!」「ガサガサがつるん!」「明るくなった!」の感動体験。古い角質を取り除くことで、基礎化粧品も浸透しやすくなります。

>>詳しいレビューはコチラです


>>公式サイトはコチラです