イボとホクロの違い|首イボが出来た時の予防と、発生、増やさないスキンケアとは?

首イボや首周りのシワは要注意です^^;

首イボ 改善

素人判断では難しい?イボとホクロ

こんにちわ、ミチコです。素朴な疑問、、、『首周りやデコルテ周のイボ』とホクロ、この2つは割と似ていますが、分かり易い相違点はドコなんでしょうか、、ちょっとわからないですよね^^;

 

イボ ホクロ 違い

 

首イボ(スキンタッグ)等を取ってくれる皮膚科等の病院の診察で、『首イボだと予測していたら、実際はホクロだった』という様な事もあるので、やっぱり素人の判断は難しいのかもしれません。1回診てもらうとハッキリするのは間違いないと思います。

 

 

素人感覚で言わせて頂くと、より大きく盛り上がっていたり、突起しているケースは、全部『イボ』と言っていいかなって思います。

 

 

一方でホクロは、黒い斑点のシミと同じで、盛り上がりとか突起がない、平べったいデキモノといったイメージですね。

 

 

また、イボとホクロは、根本的には全然異なると言われています。。

 

 

イボは、皮膚の表面が変化してできたタイプであり、ウイルス感染や老化等々が直接的な理由で発生すると言われています。

 

 

一方、ホクロは、皮膚の内側から発生してくるタイプでメラニン色素が集まってできたものとなります。

 

 

どちらも、大部分が良性のタイプのイボがほとんどで、健康上何の問題もないのが殆どです。とはいえ、目立つ部分にできたり、小さくても数が多い首周り、そしてデコルテ周りのイボやホクロなら、やはり女性は改善したいと思います。

 

 

パッと見、素人的にはイボかホクロか、判断のつきにくいタイプも結構あります。イボ除去治療方法も違いますので、きれいに治したいと思ったら、専門医に相談するのが一番良いと思います。

 

 

ホクロが出来る直接的な理由は『紫外線によるメラノサイトの異常発生』と言われています。

 

 

万が一、普段紫外線を浴びるはずのないような体のパーツの部分(例えば、足の裏など)にホクロができた際は、念のために首イボ(スキンタッグ)等を取ってくれる皮膚科等の病院で組織検査を受けることをお勧めいたします。

 

 

以下に近いホクロだった場合は、ちゃんと専門医の治療を受けた方が安心出来ると思います。

 

  • 首イボの大きさや直径が7ミリ以上ある。
  • 形がイビツだ。
  • 色や硬さが均一ではない。
  • フチがにじんでいる。
  • 突然出来て、どんどんより大きくなった。

 

最初はホクロだと思っていたら、本当は悪性の腫瘍だったというのもあると言われています。一際怖いのは、メラノーマと言う悪性黒色腫だと言われています。メラノサイトが癌化した腫瘍で、放っておくと体中に転移すると言われています。

 

 

早い内は、ホクロと大して変わらない感じです。強烈な紫外線を浴びたり、長い間刺激を受けることで、癌化してしまう時もあるようです。

 

 

首周り、そしてデコルテ周りのイボもホクロも、自分自身で除去しようと試みる方がいますが、このような悪性のタイプのイボだったのなら、大変危険と言えるでしょう。

 

 

気になるホクロを見つけた時には、確実に首イボ(スキンタッグ)等を取ってくれる皮膚科等の病院で診察を受けるようにすることをお勧めします。最も手っ取り早いのは、やはり首イボ(スキンタッグ)を取る皮膚科に行く事だと思います。

 

 

また最近は、市販の薬や化粧品であっても、極めていい商品が出ていますから、クリニックや病院何度に行かずじっくりイボ除去対策するやり方もあります。

 

>>自宅で1人で『汚い、痛い首イボ、デコルテ周りのイボ』をキレイに治す!

 

首イボ(スキンタッグ)を取る皮膚科に行くにしろ、病院等に行かず治すにしろ、1回キレイに首イボやデコルテ周りの目立つイボ(アクロコルドンやスキンタッグ)を除去したら、二度と再発させたくはないと思います。

 

 

今はまだ首イボ等がなくても、近い将来『見た目が悪い首周りの汚いポツポツしたイボ(アクロコルドンやスキンタッグ)が出来てしまうのは、絶対にイヤ!』と思っている方も、発生させない為に予防の為のケアを入念にやった方がイイと思います。

 

 

では、首イボ、デコルテ周りのイボの予防法には、具体的にどんなやり方があるのでしょうか?

 

 

通常、私たちが『首イボ』と呼んでいるのは、加齢で出来る『アクロコルドン』や『スキンタッグ』が殆どと言われています。これらの首イボ、デコルテ周りのイボは、ウイルス性ではないので、人にイボが伝染ることはないと言われています。

 

 

しかしながら、1回出来てしまうと数が増えていくというケースも多く、体質的に“イボが出来やすいタイプ”の人もいると言われています。ずっと美しい首でいる為に、よく予防をして行くことが重要だと思います。

 

首イボ、デコルテ周りのイボ予防法|紫外線を意識

 

紫外線対策を万全にする事が大事です。顔と同じくらい(もしくはそれ以上)の注意が必要です。首元は、自分が思っている以上に老化の状態が見られる部位です。

 

日焼け止めは顔だけに限らず、首、それにデコルテにも入念に塗りましょう。

 

日傘や帽子などでカバーするのもおすすめだと思います。

 

首イボ、デコルテ周りのイボ予防|保湿

 

イボが気になる方は案外疎かにしているんですが、肌の保湿が超重要という事を知っておき、スキンケアで保湿を怠らない様にしてください。

 

肌が乾燥すれば、紫外線の刺激を退けるバリア機能が衰えてしまって当然です。

 

首イボ、デコルテ周りのイボ予防法|刺激を与えない

 

首周り、デコルテ周りを刺激しない洋服を着て、ネックレスなどは極力着けない様にする方が良いと思います。

 

皮膚に摩擦を与えると、最初は少ない首イボも、どんどん数が増えていくと言われています。

 

首イボ、デコルテ周りのイボ予防|生活習慣改善

 

見た目が悪い首周りの汚いポツポツしたイボ(アクロコルドンやスキンタッグ)を発生・再発させないことを願うなら、代謝を上昇させることが重要だと断言できます。

 

適度な運動とバランスの良い食事を心がけ、きちんとした生活パターンを意識しましょう。

 

十分な睡眠は全ての美容と健康の源です。

 

自宅で改善!当サイトお勧め『首イボ改善クリーム』


艶つや習慣 レビュー
1箱120gの大容量で 通常価格4104円(送料630円)ですが、毎月お届けの定期便コースで初回半額 2052円(送料無料)になり、2回目以降も3283円(20%OFF)で効き目を実感出来ます。また、都合に合わせて、いつでもお休み・解約が可能です。

艶つや習慣は局所的に使用する薬とは異なり、「肌のターンオーバーのサイクルを改善することで、イボがなくなる」商品なので、イボができている箇所に塗るだけではなく、全身に広く塗っていく事が効果的です。

汚い首イボ、顔イボで悩んでいる方はまず試して欲しいと思います。

>>詳しいレビューはコチラです


>>公式サイトはコチラ



シルキースワン レビュー
首、顔、デコルテなどにできるイボやポツポツ対策用の美容ジェルクリームです。ハトムギ種子エキスとヨクイニンエキスのダブルヨクイニンパワーでお悩みを改善。

注目の成分オオバクエキス、チャカテキン、ビタミンC誘導体なども贅沢配合していて、もちろん顔や首以外にも使用するこができます。

>>詳しいレビューはコチラです


>>公式サイトはコチラです



杏ジェル レビュー
年齢を重ねるにつれて出てくる、目元・口元・首まわりのポツポツ、古い角質による、くすみやザラザラ肌。小鼻の黒い毛穴汚れ。不摂生を続けたときに出る肌トラブルや、かかとのガサガサ。

『ぽろぽろとれる杏ジェル』は、そんなお悩みにリーチする、97.7%自然原料を使用した
やさしいジェルです。


使い方はカンタン。気になる部分にジェルをつけ、やさしくなでていると、汚れや古い角質を巻き込んでカスがぽろぽろ出てきます。

30秒ほどぽろぽろしたら、あとは洗い流すだけ。跡を残すことなく、「ポツポツがポロッ!」「ガサガサがつるん!」「明るくなった!」の感動体験。古い角質を取り除くことで、基礎化粧品も浸透しやすくなります。

>>詳しいレビューはコチラです


>>公式サイトはコチラです